自宅や日常生活の中で気軽に行える口臭予防

仕事やプライベートでの他人との会話の中で自分の口臭が相手に不快感を与えているのではないかと心配をする人は少なくありません。

口臭は日ごろから意識して予防しよう

口臭は意図的に確認をしないと自分では気が付きにくいことから、日頃からの意識をしてケアをしていくことが大切です。

今回は、自宅や日常生活で簡単に行なえる口臭予防についてご紹介します。

歯磨きの時に舌も一緒に綺麗にする

口臭予防と言われた時に比較的多くの人がイメージする方法の一つが歯磨きです。

歯磨きは虫歯の予防と共に口の中を綺麗にして口臭を抑える効果が期待できます。

この歯磨きをする時に忘れてはいけないポイントが舌のケアです。

口臭の原因とされている揮発性硫黄化合物と呼ばれる物質は人間の舌の上で多く作られるとされています。

これは食事によって出た食べカスや古い細胞が悪臭を放つのが主な原因です。

そのため、歯磨きをする時は同時に舌の掃除も行うことが予防に繋がります。

とはいえ、歯ブラシで掃除をしてしまうと舌の表面を傷つけてしまうこともあるので専用の舌ブラシの使用が望ましいです。

唾液の分泌を促すように心掛ける

意外と知られていない口臭予防に唾液の分泌があります。

一見すると唾液と口臭は無関係のように思われますが、口臭ガスを発生させる原因の一つに嫌気性菌と呼ばれる物があって、この菌は酸素が不足している状態で活発に活動をするのが特徴です。

人間の唾液は分泌された直後は多量の酸素を含んでいるため、菌の繁殖を抑えることができますが、分泌がしっかりと行われていない状態では酸素不足となって菌が繁殖しやすくなってしまいます。

唾液の分泌は口臭の予防と共に味覚の補助など健康にも影響する物なので、ガムを噛んだり定期的な水分補給などで意識的に分泌を促す心掛けることが重要です。

発汗を促して口臭の原因を体外に出す

口臭というと口の中で起きているトラブルというイメージを持っている人も少なくありませんが、必ずしも原因が口の中だけとは限りません。

食事によって腸内に取り込まれた物が正常に消化されずに血液に溶け込んで肺を通して悪臭となる場合もあります。

これはニンニクのような強い匂いを発する物を食べた時も同様のことが起こるので注意が必要です。

この血液に溶け込んだ悪臭の元は水分と共に体外へ排出することができることから、気になる場合には水分を多めに摂取して排尿を促したり、入浴や適度な運動によって発汗させることで解消できます。

関連記事

NO IMAGE

口臭がキツい人は病気かも?蓄膿症だと口臭になりやすい

NO IMAGE

口臭の予防をするために必要な対策について

NO IMAGE

口臭チェックを機器やスマホアプリを使って確認する

NO IMAGE

ニオイで悩んでいる人にお勧めの口臭サプリメント4選